東京
大阪
名古屋

TACキャリアエージェントTHE PROFESSIONALS 公認会計士 > ベンチャー企業を支える仕事

THE PROFESSIONALS 公認会計士

〈 The Professionals Interview 〉

IPOはゴールではなくスタートベンチャー企業を支える仕事

有限責任 あずさ監査法人 小松汐里さん

有限責任 あずさ監査法人  小松汐里さん  慶應義塾大学法学部卒

ベンチャーと出会い導かれた公認会計士への道

大学2年の夏、ベンチャー企業と学生をマッチングする学生団体を立ち上げました。ベンチャーを志している友人が多く、「そんなに面白いの?」と思ったことがきっかけです。経営者の熱意やエネルギーに触れ、独創的なアイデアを実現していく姿にとても魅力を感じました。一方、良いアイデアがあっても管理部門を担う人材不足や財務的な理由でその実現が難しい企業が多く、非常に勿体なく思いました。同じ頃、就職活動に備えて簿記の勉強を始めたところ、公認会計士試験合格者の方とお話する機会がありました。そこでIPO(株式上場)支援のことを知りました。公認会計士になりIPO支援に携わることで、より良い商品やサービス実現のサポートができるのではないかと考え始めました。

秋には公認会計士事務所でアルバイトを始めました。多くのベンチャー企業の経営者は会計知識が十分ではないので、健全な経営のためにはプロの会計サポートが必要だと実感しました。公認会計士になれば、会計を武器にベンチャー企業のアイデアを世に送り出せると確信し、試験勉強を本格的に始めたのです。

IPOはゴールではなくスタート

IPO専門の部署に絞って就職活動をしました。しかし、IPOだけではひとつのベンチャー企業を継続的にサポートできないのでは、という不安がありました。そんな時、あずさ監査法人の方に言われたのは「IPOはゴールではなくスタート」。IPOは最終目標ではなく、企業として発展していく上での最初の一歩という考えです。IPO後の更なる成長を見据え、管理体制の構築をサポートしているのです。さらに、IPO後も同じチームメンバーで監査を続け、リスクの把握や密なコミュニケーションによって、クライアントが相談しやすい環境作りを心がけている点にも魅力を感じました。

ベンチャー企業を支える実感とやりがい

現在、私は4社の非上場企業を担当しています。こうした企業ではクライアントとの距離が近く、経営者や幹部社員の方と話す機会が豊富です。また、IPO前の課題を把握するための「ショートレビュー」を通して、クライアントのビジネスの流れを理解できます。そのため、先輩とのクライアントに関する情報量の差も少なく、入社1年目の私も頻繁に発言を求められるのです。経営者の方も私たちの意見に耳を傾けてくださり、若い間からプロフェッショナルとしての責任を実感できます。時には力不足を痛感することもありますが、日々成長できる環境に感謝しています。

日本経済の課題の1つはベンチャー企業の育成だと思います。新たなビジネスが成長していく過程を間近でサポートでき、非常にやりがいを感じる毎日です。

有限責任 あずさ監査法人

〒162-8551 東京都新宿区津久戸町1-2
Tel 0120-39-8551 http://www.recruit.azsa.or.jp

ページトップへ