東京
大阪
名古屋

TACキャリアエージェント米国公認会計士のお仕事 > 広がる世界、広げる知識

米国公認会計士のお仕事

〈 The Professionals Interview 〉

自分の可能性が広がる仕事広がる世界、広がる知識

PwCあらた有限責任監査法人 塩津英恵さん

PwCあらた有限責任監査法人  塩津英恵さん  津田塾大学学芸学部英文科卒

英語を使って仕事をする

学生の頃から英語が好きで、大学時代は英語の塾でアルバイトをしていました。そこには欧米出身の講師がいて、彼らとコミュニケーションをとることで世界が広がった気がして、海外の会社と取引を行う仕事に興味を持ち、大学卒業後は専門商社に就職しました。その会社の新人研修で、初めて簿記に出会いました。初めての勉強でわからないことが多く、上司に「全然わかってないね」と言われたことが悔しくて、独学で簿記3 級に合格しました。2 年ほどして、だんだんと自分自身が専門性を高めて会社として品質の高いサービスをお客様に提供したいという気持ちが大きくなりました。そのときに、米国公認会計士という仕事を知りました。会計知識は会社がある限り、必要不可欠で、監査や幅広いアドバイザリー業務を通じて国内外のお客様に貢献できる仕事であると感じました。簿記を勉強して、会社の仕組みや資産、負債、損益の関連がわかり、魅力を感じていた私は、この資格をとることを決意しました。

勉強と仕事を両立する

経済的に自立していたかったので、時間の自由がきく職種に転職して、仕事をしながら勉強しました。通っていた専門学校の問題集を常に持ち歩き、時間を見つけて勉強しました。問題集は10 回くらい繰り返し解いたと思います。専門学校の問題集以外の問題集やインターネットでも予想問題を探して多くの問題を解きました。会計は、とても論理的で、まるでパズルの1ピース1ピースを当てはめていくような感覚で、楽しく勉強をしていました。

会計の専門家として働く

PwCを選んだ理由は大きく2つです。1つ目はやりたいことができることです。面接時に将来やりたい仕事を伝えたところ、それを尊重してくれましたし、入社後も、上司は私がやりたいことはどうしたらかなうか相談にのってくれます。

2つ目は様々な国やバックグラウンドを持つ会計士が同じ土俵で仕事をしていることです。

PwC は海外から日本、日本から海外に出向している人が多くいます。実際、外資系の証券会社の監査を担当していますが、監査チームには、日米の会計士資格を持ったスタッフもいれば、外国人もおり、等しく会計士として、お客様にサービスを提供しています。

繁忙期は週末も仕事をすることがあるのでつらいときもありますが、業務を調整して、語学留学をする人もいます。私自身も、アメリカに3週間短期留学をしました。そうしてリフレッシュしてまた集中して業務に励んでいます。PwCでの仕事は将来やりたいことに向かって色々な方面から自分を高めていける、そんな仕事だと思います。

勉強は簡単ではありませんでしたが、得るものは多かったですし、実務においても監査だけでなく幅広い業務を経験することができると思います。自分の可能性を広げる新たな一歩として挑戦してみていただきたいです。

PwCあらた有限責任監査法人

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング
Tel 03-6212-6800 http://www.pwc.com/jp/assurance

ページトップへ