閉じる
電話で問い合わせる 転職サポートサービス登録

「会計士の転職」「税理士の転職」を
考えるコラム
仕事の探し方と働き方

税理士の転職先・転職市場動向

税理士は日本全国で約75,000人います。しかし、その平均年齢は60歳を過ぎており「税務実務の現場」では、若手職員が危機的に不足しています。税理士受験者数は減少を続け2019年には29,779名となり、3万人を割り込みました。税理士業界は採用難時代となり「入社条件」は緩和される一方なのです。今日、大手税理士法人でも1科目合格者や未経験の新卒を積極的に採用しています。類を見ない売手市場の今、好待遇で会計税務のコンサルタントとして活躍できるチャンスが溢れています。本コラムでは「税理士業界でキャリアを築くヒント」を不定期に掲載していきます。

税理士科目合格者が20代のうちに 転職するメリットとは

税理士科目合格のみで、まだ税理士になれていない20代が転職を考えた際、このまま税理士試験を受けて合格してから転職するか、それとも科目合格の段階で転職をするかなど、どのタイミングで転職すべきかを迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、税理士科目合格者が20代のうちに転職するメリットを3つご紹介します。いつの時点で転職をすべきか、税理士試験受験の期限を決めるヒントとしても参考にしてください。


■ 20代なら未経験でも転職しやすい


税理士科目合格者で税務未経験の人材でも、20代であれば転職できる企業が豊富にあります。しかし30代になると、他職種と同様、即戦力としての能力を備えているかどうかで採否が分かれます。

30代の税理士科目合格者で実務未経験の場合であっても、コミュニケーション能力や事務処理能力が非常に高いなどの優れたスキルを持っていて、それを求めている企業や事務所にうまくアプローチできれば転職に成功できるでしょう。ただ、30代でスキルよりもポテンシャルを評価する企業・事務所は多くないため、難易度が高い転職であることが予想されます。

しかし、20代であれば0~2科目の合格実績だとしても、未経験で採用してもらえる可能性が高いです。20代で採用される時には、ポテンシャルやこれから長く勤務できる年齢であることが評価されているので、その部分をピックアップしてアピールするようにしましょう。

また、5年後・10年後の未来も見据えてその転職先を選んでいることを伝えるようにすると、主張に一貫性が生まれて説得力が増します。そのため、志望動機に将来の展望を盛り込んでおくと魅力的なアピールが可能でしょう。


■ 20代のうちに転職すれば、昇格も次の転職もしやすい


20代のうちに転職するメリットとしては、転職先企業での昇格も次の転職もしやすくなることが挙げられます。

まず、会計・税理士事務所や税理士法人に転職し、そこでの昇格を狙うという観点で考えてみます。20代のうちに転職してスキルを身につけながら税理士試験に合格しておけば、税理士試験に受かってから30代前半で転職してきた人に比べて、昇格への道が開かれやすいという特徴もあります。もちろん、その時に税理士試験に合格できていなければ昇格のチャンスは開かれにくいですが、実務を学びながら試験対策をすることで、試験にも好影響を及ぼす可能性もあります。

仮に昇格候補の人材と同年代・同程度のスキルを持っていたとしても、30代で転職してきた場合、スキルや経験を周囲が把握するまでに時間がかかります。その間に、以前から働いている同年代や同等のスキルを持っている人が、マネージャー候補として一歩先を行く可能性が高いと考えられるのです。そのため、税理士科目合格者の場合であっても20代のうちに転職をして、事務所や法人の出世コースに早めに入っておくメリットは大きいといえるでしょう。

また、会計・税理士事務所や税理士法人で早めに実務のスキル・経験を積んでおけば、その次の転職先の候補に、事業会社の経理・財務職も挙げられます。一度でも専門の業界で働いたことのある経理経験者は、知識も実務レベルもその事業会社にいる人材を凌駕する可能性が高いため、その次の転職もしやすくなると想定できます。

以上の観点から見ても、税理士科目合格者は20代のうちに転職しておくメリットが大きいと考えられるでしょう。


■ 幹部候補になれる可能性が高い


昇格のために早めに出世コースに入ることとも似ていますが、20代で転職しておけばプロバーに近い人材として認識してもらえます。
経営者の心情を考えると、長く苦楽を共にしてきた仲間に幹部として立ってもらいたいという考えがあるはずです。
転職が当たり前の税理士業界でも、この心情が幹部候補の選定に影響する可能性は高いといえるでしょう。

よほど優秀であれば30代からの転職者でも幹部候補となれることもありますが、同等のスキルであれば長く働いた人材が選ばれやすいと想定できます。
昇格・次の転職のしやすさだけではなく、幹部候補になる観点から見ても、20代のうちに転職しておくメリットは大きいと考えられます。

税理士の転職市場では、若い時の方が転職先の選択肢も多いため、いつの時期に転職するかを決めるのは非常に重要です。
自分の市場価値とのバランスを見ながら適切なタイミングで判断できれば、能力をさらに開花させるようなキャリアアップも可能です。

それぞれの道を進んだ場合のメリット・デメリットを考え、自分の市場価値が一番高い時に転職できるよう、検討し直してみてはいかがでしょうか。

税理士・税理士受験生の就職・転職タイミングのご相談はTACプロフェッションバンクまで!
個別WEB相談会を随時開催しております。お気軽にご利用ください。

コンサルタント紹介

転職サポートサービス

転職サポートサービス 転職サポートサービス

転職サポートサービス

企業への応募から内定まであなたの就職・転職をサポートするサービスです。個別相談は会計業界に特化したコンサルタントが担当いたします。

サービス案内 転職サポートサービス登録 (無料)

WEB面談

海外を含む遠方在住の方、
忙しくて時間が取れない方には、
WEB面談を実施しています。

お気軽にお問合せください。