閉じる
電話で問い合わせる 転職サポートサービス登録

応募書類の書き方【履歴書編】

応募書類の書き方【履歴書編】

黒のボールペンで書くか、パソコン作成(Word・Excel)しましょう。「手書きの履歴書」と明記されていなければ、パソコン作成でも問題ありません。手書きは楷書で丁寧に。修正液の使用や二重線による訂正、訂正印の使用はNGです。間違えたら書きなおしましょう。また、パソコン作成では10ポイント以上のフォントを使用しましょう。

imgimg

Check!

  • 日付
    作成日ではなく、郵送する日もしくは持参する日付を記入します。
    全ての日付を西暦か和暦で統一することが大切です。
    写真
    スーツを着用し3ヶ月以内に撮影した写真が基本です。
    はがれた時のために、裏に氏名を記入しましょう。
    氏名
    氏名は楷書で丁寧に記入しましょう。
    フリガナを忘れずに記入しましょう。
    住所・連絡先
    住所は都道府県からはじめます。
    「携帯電話」の欄が別にないフォームでも、電話番号欄に「固定電話」と「携帯電話」の双方を記入することをオススメします。
    メールアドレス
    ハイフンとアンダーバーの区別がつくように丁寧に記入しましょう。
    就職活動に適さないアドレスは、予め変更しておきましょう。
    学歴
    学歴・職歴欄の1行目中央に「学歴」と書いてはじめます。
    高校卒業から記入し、以降は入学と卒業を別の行に書きます。公立の学校は、東京都立、武蔵野市立など自治体名から始めます。大学や短大は、学部・学科・専攻なども記入します。
    職歴
    学歴の項目から1行空けて真ん中に「職歴」と書いてはじめます。
    職歴がない方は、「なし」と記入しましょう。(株)と略さずに「株式会社」と書き、配属された部署名も記入します。派遣社員、パート・アルバイトなどで応募先と関連する業種や職種での実務経験があるときは、積極的に記入しましょう。
  • 免許・資格
    基本的には直接関連のない資格も書きます。
    多すぎる方は、関連性の高いものから優先順位をつけて記入しましょう。特に関連のあるものは、最終結果がまだ出ていないものも含めて記入しましょう。
    その他特記すべき事項
    セールスポイントとなる可能性があるもので、該当する記入欄がない場合はここに記入しましょう。
    会計士/税理士をめざした理由
    会計士/税理士をめざした理由は、面接でも必ずといって良いほど質問される項目です。事前にしっかりまとめておきましょう。
    志望動機
    「なぜその法人なのか」が重要です。
    会計士/税理士試験にチャレンジした理由や、将来の希望と関連付けできる志望動機にできればさらに良いでしょう。
    自己PR
    コミュニケーション力やグループワーク、協調性、体力、仕事や勉強に対する姿勢などを書きます。
    職務経験がある場合は、どのような仕事をして、どのようなことに気を付けながら職務を遂行したのか、問題を解決した時のエピソードなど思い出して書きましょう。
趣味・特技の欄がある場合は?
趣味・特技は話題作りのためにとても有効です。できれば明るいイメージや活動的なものを選択する方が良いでしょう。語学やパソコンなどが得意であれば忘れずに記入しましょう。
履歴書フォーマット
既に志望動機が固まっている方向けの「志望動機強調型」と、そうでない方向けの「自己PR強調型」の2種類ご用意しています。

フォーマットダウンロード: https://tacnavi.com/how/rirekisho.xls

コンサルタント紹介

転職サポートサービス

転職サポートサービス 転職サポートサービス

転職サポートサービス

企業への応募から内定まであなたの就職・転職をサポートするサービスです。個別相談は会計業界に特化したコンサルタントが担当いたします。

サービス案内 転職サポートサービス登録 (無料)

WEB面談

海外を含む遠方在住の方、
忙しくて時間が取れない方には、
WEB面談を実施しています。

お気軽にお問合せください。