閉じる
電話で問い合わせる 転職サポートサービス登録

THE PROFESSIONALS 公認会計士

成長の機会に溢れる監査法人

私の仕事は、
監査+IPO+アドバイザリー

将来を決めたテレビ番組

商学部を選んだのは、中学生のときに見たマーケティングに関するテレビ番組がきっかけです。内容はよく覚えていませんが、とても興味深かったと記憶しています。どうすればマーケティングを学べるのか、と調べまわって進路を決めました。ところが、入学してしばらく経つと商学の分野の広さに気づき、漠然とした将来への不安を抱き始めました。そんなとき思い出したのが、姉が公務員試験に合格し「安定した仕事で良かった」と安どした母の姿です。私も資格を取ろうと考えました。いくつか候補がある中で、一番取りたいと思ったのが公認会計士でした。社会貢献度が高く、他の資格と比較して求人が多いため、安定して働けると感じたことが理由です。
大学4年のときに自信のないまま臨んだ論文式試験は予想通りの結果でしたが、2科目の免除(科目合格)がとれたので、どれくらい勉強すれば合格ラインに達するかという感触がつかめました。翌年、絶対合格できると信じて計画的に勉強した結果、合格。母とも喜びを分かち合いました。

トーマツの魅力

私がトーマツを選んだ理由は2つあります。1つめは新人研修が1か月もあって充実していることです。私はある程度の実務知識を得てから現場に出たいと思っていましたし、研修期間中に同期のつながりも強くなったように感じました。もう1つは組織の風通しの良さです。就活中に話をした職員の方々が、私の意見をしっかり聞いた上でアドバイスしてくださったことでそう感じました。実際に働いてみても、スタッフの意見をしっかり聞いてもらえるとても良い環境だと感じています。

チャンスが溢れる環境

私が所属する第一事業部は、有名企業の監査に加えて、中堅規模の上場企業や上場準備企業(IPO企業)などのクライアントに対して、監査やコンサルティングなど幅広いサービスを提供しています。私は上場企業2社とIPO企業2社の監査チームに所属。上場企業は「経理機能は全て揃っている」ので、私たちは企業の成長に伴いアジャストします。若手でも役員クラスの方と直接お会いする機会に恵まれるため、卓越した価値観を吸収し成長につなげています。一方、IPO企業では「経理機能があるのか、ないのかがわからない」「思いもよらないところから問題がでる」など、上場企業とは違った経験を積めるので、会計士としての視野が広がります。また、IPOという共通の目標を目指して企業の方々と一緒に働くのは大きな喜びです。他には、トーマツが監査していない企業にコンサルティングをするチームにも所属しているため、様々な仕事ができて充実した毎日を送っています。

  • 小学校5年生から
    続けているダンス

  • 目指すは
    ワインエキスパート

  • 沖縄での
    1週間のやすらぎ

会社情報

有限責任監査法人トーマツ
〒100-8360 
東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビルディング
Tel:03-6213-1000 
https://recruit.tohmatsu.co.jp