閉じる
電話で問い合わせる 転職サポートサービス登録

THE PROFESSIONALS 公認会計士

新聞第1面を飾るM&Aに携わる

M&Aアドバイザーとして働く

同窓会での出会いが決めた将来

IT業界で働きたいと、大学ではCPU設計やプログラミングを学びました。そんな中、大学4年生のとき同窓会で出会ったのが、公認会計士試験に合格し、監査法人で非常勤職員として働く友人でした。学生にも関わらず企業の経営者と対等に話しているようで、とても輝いて見えました。
この出会いがきっかけになって、計画をこなす仕事ではなく、より大きな視点で企業経営と向き合いたいと考え始めたのです。会計士になったらそれを実現できると思い、一念発起して目指すことにしました。会計士の将来性とニーズについて親や親戚にプレゼンし、当初目指していた業種から進路変更の許しを得たのは懐かしい思い出です。

企業の経営戦略に関わる

公認会計士試験に合格後、大手監査法人に就職。国際的な企業の監査の現場責任者を務めました。このクライアントが国内外で大型M&Aを続けている様子を間近で見て、監査で事後的なチェックをするよりも、経営面で事前のアドバイスをしたいという気持ちが日ごとに大きくなったのです。そこで、社内で新設されたアドバイザリー部門へ異動し、経営管理・組織再編・M&Aなどクライアントの意思決定に関わるコンサルティング業務に幅広く携わりました。このとき、案件ごとに内容が異なるため経験で差がつかず、若手でも活躍できるM&Aアドバイザーの魅力に気づき、転身を決意しました。

PwCアドバイザリーに入社

異動して3年が過ぎた頃、体系的にM&Aの理論と実務を学ぶため、米国の経営大学院にMBA留学。在学中にPwCアドバイザリー合同会社へ入社を決めました。PwCはメンバーファーム間の連携が良く、優秀かつ先鋭的な職員が揃っていることに魅力を感じたからです。海外MBA保有者も多く、人材育成制度が充実しています。公認会計士試験合格者採用(定期採用)で入社すると、M&A関連業務全てを網羅する2年間のジョブローテーションの後希望するキャリアを決められるため、会計士試験合格直後の選択肢としては、非常に魅力的だと思います。実際、人材育成制度で力をつけた定期採用入社の若いスタッフが私より経験やスキルで勝っていることもあり、日々刺激を受けています。もっと早く入社していれば良かったと後悔しているほどです。
入社以来、新聞の第1面を飾るようなグローバルなM&A案件にも多数関わることができました。戦略コンサルタント・投資銀行家・弁護士・税理士など各業界トップクラスのアドバイザー達とともに、クライアントをサポートするのは非常にやりがいを感じます。M&Aアドバイザーは会計士のスキルを存分に活かしグローバルに活躍できる職業です。ぜひ、皆さんと一緒に業界を盛り上げていければと思います。

  • 大手町大好き
    週末も皇居ラン

  • ロンドンへの
    出張

  • ビジネススクールの
    学友と

会社情報

PwCアドバイザリー合同会社
〒100-0004 
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング
Tel 03-6212-6880 
https://www.pwc.com/jp/ja/careers/accountant.html