閉じる
電話で問い合わせる 転職サポートサービス登録

THE PROFESSIONALS 公認会計士

クロスボーダーを舞台に日々成長できる仕事

会計と税務を強みにする会計士

エキサイティングな職場へのあこがれ

高校時代はプロのミュージシャンになろうと練習に明け暮れていましたが、高校3年生のとき、プロで食べていけるのは本当に一握りという現実をみて大学受験を決意。大学を卒業するまでに公認会計士の資格をとって、それを武器に社会に出ようと目標を定めました。大学進学直後から始めた簿記に続けて公認会計士試験の勉強をし、大学4年のとき論文式試験に合格しました。
ほとんどの同期合格者は監査法人に就職しましたが、私はクライアントに寄り添ったサービスを提供できる税務業務に興味をもち、PwC税理士法人に入社しました。クロスボーダー(国境を越えた)税務という仕事が、とてもエキサイティングで刺激的に感じたのです。

クロスボーダーの税務コンサルティング

私は今、金融部でクロスボーダー取引の税務コンサルティングをしています。インバウンドでは、海外のクライアントが日本企業の株式や不動産に投資するときに、ニーズに合わせたストラクチャー(手順・手法)を提案します。そして、会社や不動産の内容を精査するデューデリジェンス業務、買収後のアドバイスへとつなげていきます。
アウトバウンドでは、日本企業の海外への進出ならびに現地での買収サポートが主な仕事です。国ごとに税法が異なるため、インバウンド・アウトバウンドを問わず、海外のPwCネットワークとの協業は欠かせません。ひとつとして同じケースはなく、クライアントのニーズを正確に理解し、手作りでストラクチャーを練っていきます。プロフェッショナルを実感できる仕事で、毎日がとても刺激的です。

PwCでのキャリア

クロスボーダー業務では、英語でのコミュニケーションがとても大切です。そのため英語のスキルアップが必要と考え、海外駐在を希望。2017年7月からPwCシンガポールに2年間駐在しました。その間、英語でのコミュニケーションやカルチャーの違いに苦労しましたが、貴重な経験を積めました。また、海外事務所とのネットワークを構築することもできました。

税理士法人の中の公認会計士

PwC税理士法人は在籍している有資格者の1/3は公認会計士と、会計士が多い税理士法人です。会計や税務の知識を身につけ、英語スキルを向上するための社内研修プログラムも充実しています。税務の仕事には想像以上に深みがあり、日々やりがいを感じています。クライアントのために働く実感を得たい方、会計士として差別化を図り成長したい方、海外で活躍したい方にとって、PwC税理士法人には最高の環境があると確信しています。国際税務を武器に世界で羽ばたいてみませんか。

  • 趣味は奥様との旅
    ASEANは制覇

  • 通勤途中の風景
    シンガポール

  • グレートオーシャンロード
    からの眺めは最高

会社情報

PwC税理士法人
〒100-6015 
東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル15階
Tel 03-5251-2400 
https://www.pwc.com/jp/tax/careers
※2020年冬に千代田区大手町移転予定