閉じる
電話で問い合わせる 転職サポートサービス登録

THE PROFESSIONALS 税理士

チャレンジこそ税理士の醍醐味

幅広いフィールドのある税理士法人

理工学部情報工学科からの転身

将来は専門性の高い仕事に就きたいと高校時代から考えていました。数学とパソコンが好きだったので、システムのプロとして身を立てようと、大学は理工学部情報工学科だけに絞って受験。ところが、最初のプログラミング講座を受けて、道を間違えたと後悔しました。全く性に合っていなかったのです。とても一生の仕事にはできないと感じました。
数学力が活きる専門性の高い仕事を探したところ、出会ったのが「税理士」でした。働きながらチャレンジできる科目毎の受験制度にも魅力を感じ、すぐに勉強を始めました。大学4年で、簿記論と財務諸表論に合格、卒業した年の12月まで勉強に専念しました。合格発表直後の就職説明会は、「働きながら勉強ができればいいな」と軽い気持ちで参加しました。そのときはまさか大手税理士法人で働くなんて夢にも思っていなかったのです。

就職説明会での出会い

今は、税理士試験に1科目合格しているとほとんどの税理士法人や会計事務所に応募できます。ところが、私が就職した頃は、応募資格の多くが3科目合格以上だったのです。就職説明会の会場で、小規模な会計事務所の話を聞いた後に声をかけていただいたのが、税理士法人 山田&パートナーズ(YP)の方でした。私は2科目合格での参加なので、応募資格が3科目合格以上だったYPは、除外した法人のひとつでした。
翌年の1月、YPに入社、確定申告の仕事から始めました。前年度のデータを参考にして申告書を作ったことをよく覚えています。全てが初めての経験だったので、何をしても新鮮で楽しかったです。

幅広い活躍の場

それから15年、今は法人顧問業務の他、相続・事業承継・組織再編・M& Aなどのプロジェクトベースで仕事をしています。大手税理士法人では、担当する仕事が部門毎に決まっていることが一般的です。そうすると、早期に一分野の専門家になれる反面、同じようなことの繰り返しになることがあります。一方、YPは様々な仕事をできることが大きな特長です。金融機関への出向なども含め、多様な経験を積むことができるのです。私は金融機関に出向中、上場企業オーナーと一緒に仕事をする機会にも恵まれました。手を挙げればさらに新しいことにチャレンジできます。例えば移転価格や国際業務、そして海外駐在や新規地方事務所の責任者など、道は大きく開かれています。社内にはそのようなチャレンジを応援する風土があり、先輩や同僚のバックアップも力強いです。
様々な仕事をすることで幅広く、そして深い知識を持った税理士になれる環境がここにあります。チャレンジする皆さん、一緒に働きませんか?

  • 男の子3人の父親

  • フルマラソン完走2回

  • 休日は家族サービス

会社情報

税理士法人 山田&パートナーズ
〒100-0005 
東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館8階
Tel 03-6212-1660 
http://www.yamada-partners.gr.jp/