閉じる
電話で問い合わせる 転職サポートサービス登録

THE PROFESSIONALS 税理士

二つの知識を活かして働く

語学×税理士

語学に魅せられた学生時代

イタリアが大好きで大学ではイタリア語を専攻し、シエナとモデナに1年留学しました。好きな語学を活かしたいと、卒業後はイタリア食材の専門商社に入社。イタリア人シェフを招いた飲食店オーナー向けのイベントなどの企画運営に携わり、資料の翻訳など語学を活かして働きました。華やかで面白い仕事でしたが、語学を活かせる仕事内容は限定的で、語学を仕事の目的にすることに次第に限界を感じるようになりました。何か専門知識を身につけたい、手に職をつけたいと考え始めた頃、経営者だった父が体調を崩しました。父の事業を助けるために何ができるかを考える中で、税理士に興味を持ったのです。
日商簿記3級を勉強してみたところ「こんな世界があったのか」と惹きつけられたことをよく覚えています。1カ月間の勉強で簿記3級に合格したことを機に、会社を辞めて本格的に税理士の勉強を始めました。大学で憲法を履修していたので、税理士試験の受験資格があったことは幸運でした。翌年の試験で財務諸表論と消費税法、翌々年に簿記論と法人税法、最後に固定資産税に合格しました。

役立つ経験

勉強を始めて2年目の夏に就職説明会に参加しました。当時は簿記論と法人税法の結果待ちでまだ3科目残っていたので、軽い企業研究のつもりでした。いくつかブースを訪問して話を聞く中で、PwC税理士法人が一番自分に合っていると感じました。人の雰囲気が良く、仕事内容も国際色豊かだったからです。実は税理士として就職するにあたり、まずは実務経験を積むことを優先していたので、語学力を活かせるとは思っていませんでした。入社してみると、英文メールや外国人とのコミュニケーションなど、前職での経験や大学時代の知識がとても活きています。PwCには様々なバックグラウンドを持った人たちがいますが、それぞれの経験を活かして活躍していますよ。

資格を取得し広がる世界

入社して3年、今は約40社の税務申告を担当しています。決算時期が主に3、6、9、11、12月に分散しているので、多くの社数を担当し1年でかなりの経験値を積むことができます。また、申告業務とコンサルティング業務の両方に携われるため、国内税務、国際税務、連結納税、デューデリジェンス(企業価値の評価)など幅広い知識を習得する機会があります。興味がある仕事に手を挙げるとチャンスをつかめるのがPwCの魅力です。
私は税理士になって本当に良かったと思っています。資格を持つと選択肢が増えて、やりたいこともどんどん増えていきます。将来のキャリアも働き方も自分で選べます。キャリア・チェンジをお考えの方、大学生の皆さん、税理士の勉強を始めませんか。

  • 趣味は茶道

  • イタリア シエナの
    競馬祭りにて

  • 旅の目的はグルメ

会社情報

PwC税理士法人
〒100-6015 
東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル15階
Tel 03-5251-2400 
http://www.pwc.com/jp/tax