閉じる
電話で問い合わせる 転職サポートサービス登録

転職&相談事例公認会計士編(会計士受験生含む)

37歳/女性

32歳/男性

PEファンドへの転職

公認会計士

  • 前職
    大手監査法人アドバイザリー部門(年収780万)
  • 現在
    外資系PEファンド(年収900万)

私は大手監査法人にて法定監査業務とIPO支援業務を経験した後、監査法人内のアドバイザリー部門へ転籍しました。アドバイザリー部門では、M&Aコンサルティング業務に従事し、財務デュ―デリジェンス、バリュエーション、ストラクチャリング業務を一通り経験しました。30歳を過ぎた頃に投資ファンドに興味を持ち始め転職を意識するようになりました。特に関心の強かった地方再生関連ファンドに携われる求人を中心に転職活動を進めましたが、実際に転職が決まるまでに1年ほどかかりました。業務で多忙であったことと、慎重に転職を検討したかったためです。TACキャリアエージェントのコンサルタントの方々は大らかな方が多く、焦ることなく落ち着いて転職活動を進めることができました。

担当コンサルタント:佐藤 昭司

担当コンサルタント:佐藤 昭司

PEファンドで活躍する公認会計士の方は監査経験に加えてIPO支援やFAS業務に精通している方が過半数です。もちろん、監査経験のみの公認会計士がポテンシャル採用されるケースもございます。相対的にハードルが高く設定されているため、書類選考・採用面接の準備が必須となります。加えて外資系ファンドでは英語力も求められます。戦略的に転職活動を伴走できれば幸いです。

公認会計士のその他の転職事例

コンサルタント紹介

転職サポートサービス

転職サポートサービス 転職サポートサービス

転職サポートサービス

企業への応募から内定まであなたの就職・転職をサポートするサービスです。個別相談は会計業界に特化したコンサルタントが担当いたします。

サービス案内 転職サポートサービス登録 (無料)

WEB面談

海外を含む遠方在住の方、
忙しくて時間が取れない方には、
WEB面談を実施しています。

お気軽にお問合せください。